自然災害に対する科学技術的観点からの防災研究から行政の地域防災計画やリスクマネジメントへの協力と支援をおこなっております。

HOME > 新着情報 > 2019.11.22 第507号 <ご案内>令和元年度 避難所運営ワークショップ「さすけなぶる」研修会の開催について

2019.11.22 第507号 <ご案内>令和元年度 避難所運営ワークショップ「さすけなぶる」研修会の開催について

================================================
愛媛大学 防災情報研究センター

防災情報研究センターニュース

第507号 2019.11.22
=================================================
○今回のコンテンツ

********************************************************************************
○<ご案内>令和元年度 避難所運営ワークショップ「さすけなぶる」研修会の
開催について
近年、大規模な災害が多発し、そのたびに避難所が開設されていますが、日本の避難所
の生活環境は以前より改善されてきているとはいえ、まだ十分に良いものとはなっていな
いことも多いのが現状です。これまで災害時の避難所運営は、教育関係者、施設管理者が
主体的な立場で活動、不眠不休で対応に追われてきました。しかし、それでは避難者一人
一人の状況を把握し、対応することが十分にできなかったことも事実です。
『さすけなぶる』は、東日本大震災、熊本地震災害、西日本豪雨災害などで、避難所運営
で起きた様々な実例、教訓をもとにした事例を課題とし、その課題を個人・グループで考
え、議論していきながら避難所運営に必要な考え方を学ぶワークショップ型防災教育ツー
ルです。講演会やこれまでの防災教育教材とは違ったかたちで避難所のリアルな課題につ
いて学べるワークショップとなっております。災害・地域・人、さまざまな要因によって
変わっていく状況に臨機応変に対応し、運営者による管理ではなく、避難者が主体的に行
動し、自治的に避難所を運営することで避難者の命を守ること、多様な避難者の人権や尊
厳、幸福を守ることを学びます。
お忙しいこととは存じますが、多数の方に参加頂けますようご案内申し上げます。

主 催 愛媛大学防災情報研究センター
日 時 令和元年12月14日(土) 13:00~16:00
場 所 愛媛大学総合研究棟2 社会共創学部  (松山市文京町3)
(地図参照  https://www.ehime-u.ac.jp/overview/access/johoku/ )
定 員 60人(定員になり次第、締め切ります)
申込み 氏名、所属、懇親会の参加の有無を明記の上、下記宛、12月7日(土)までに
申し込んでください。
E-mail hazard_and_disaster@yahoo.co.jp  (堀江まで)
内 容
13:00-14:00 特別講演
あの時、避難所は… “おだがいさま”が支えた169日間
福島大学うつくしまふくしま未来支援センター特任教授 天野和彦

14:00-16:00 避難所運営ワークショップ「さすけなぶる」
認定さすけなぶるファシリテーター 堀江俊佑 (助言:天野和彦)

懇親会
日 時 令和元年12月14日(土) 17:00~20:00
場 所 愛媛大学校友会館1階 Maple メイプル  (松山市文京町3)
会 費 3000円程度
定 員 40人程度
申込み  E-mail  hazard_and_disaster@yahoo.co.jp (堀江まで)
(意見交換会のみ参加も可です)

【開催案内】2019.12 防災センターさすけなぶる研修会+

 

********************************************************************************
HP,バックナンバーはこちらから
http://cdmir.jp/category/news/
「防災情報研究センターニュース」に関するご意見,ご要望,投稿,メール配信の停止
などがありましたら,以下メールアドレスまでご連絡ください。

■連絡先■  愛媛大学 防災情報研究センター メルマガ事務局
メールアドレス:kensien@stu.ehime-u.ac.jp

[2019年11月22日]

活動情報|Active log

  • リンク:メールマガジン|Mail Magazine
  • リンク:過去のメールマガジン|Mail Magazine List
  • リンク:四国防災八十八話 ダウンロード|Download
  • 四国災害アーカイブス(四国建設弘済会作成)