自然災害に対する科学技術的観点からの防災研究から行政の地域防災計画やリスクマネジメントへの協力と支援をおこなっております。

HOME > 組織概要

組織概要

センター長、副センター長のもとに、6つの研究部門(災害救急医療・ケア研究部門、地域防災システム研究部門、社会基盤整備部門、アジア・地域防災情報ネットワーク部門、南海トラフ巨大地震研究部門、アーバンデザイン研究部門)を設置しています。センター長、副センター長の他、センター所属の教員、客員教授・准教授・研究員、並びにセンター活動を支援していただく協力教員で構成されています。

組織図

災害救急医療・ケア研究部門

地域の関係機関との連携を考慮した災害発生時の救急医療・ヘルスケア体制及び搬送支援体制の構築・情報共有に関する調査・研究を行い、心的ケアを含む実践的な災害医療の教材を開発しています。

地域防災システム研究部門

自然災害発生のメカニズムや対策技術を研究し、発生した災害実態や気象・地質・構築物などの地域特性を調査します。それらの調査・研究を通して得られた知見・知識を取りまとめ、報告しています。

社会基盤整備部門

国土保全という視点に加え、災害に強い都市計画、避難支援技術、復旧・事業継続のためのリスク評価と機能維持計画など防災・減災という視点や環境・景観保全の視点からの社会資本整備技術を開発・展開しています。

アジア・地域防災情報ネットワーク部門

地域の視点からの防災・災害対応に関する自然科学・人文社会面の教材の開発、災害時のライフラインや医療に関する基盤情報ネットワーク構築に関する調査・研究をおこなっています。その成果を用いて地域の教育・啓蒙を行い、さらにアジア各地域に重点的に展開しています。

南海トラフ巨大地震研究部門

南海トラフ巨大地震に備えて、防災教育、避難行動、業務継続、防災GIS、自主防災活動に関する研究を重点的に展開しています。
(>詳細はこちら)

アーバンデザイン研究部門

公・民・学が連携して、都市デザインとまちづくりに関する調査研究から実践、さらには学習・教育を行い、まちづくりの担い手を育成しています。
松山アーバンデザインセンターHP
http://udcm.dmi.ehime-u.ac.jp/

センター長 挨拶

設立趣旨

教員紹介

交通アクセスセンター案内