自然災害に対する科学技術的観点からの防災研究から行政の地域防災計画やリスクマネジメントへの協力と支援をおこなっております。

HOME > 新着情報 > 2019.1.8 第482号 愛媛大学防災情報研究センター副センター長ネトラ准教授が会長を務めるネパール地盤工学会主催の国際シンポジウムが開催されました  

2019.1.8 第482号 愛媛大学防災情報研究センター副センター長ネトラ准教授が会長を務めるネパール地盤工学会主催の国際シンポジウムが開催されました  

================================================
愛媛大学 防災情報研究センター

        防災情報研究センターニュース

                    第482号 2019.1.8

=================================================
    

○今回のコンテンツ
<ご報告>愛媛大学防災情報研究センター副センター長ネトラ准教授が会長を務める
ネパール地盤工学会主催の国際シンポジウムが開催されました    
********************************************************************************
○<ご報告>愛媛大学防災情報研究センター副センター長ネトラ准教授が会長を務める
ネパール地盤工学会主催の国際シンポジウムが開催されました     

 ネトラ・プラカシュ・バンダリ副センター長が会長を務めるネパール地盤工学会主催で、
「National Symposiumon Geotechnical Challenges in Mega Projects of National Pride」
と題する国際シンポジウムが、11月19日(月)にカトマンズ市で開催されました。
 ネパールでは、高速道路建設、新国際空港建設、鉄道建設などのビッグプロジェクトが
動き始めようとしています。今回の国際シンポジウムには100名を超える参加者があり、
これらのプロジェクトの地盤工学的課題に関して熱心に討議されました。
 ネパールはヒマラヤ造山帯に立地する国です。そのため、地形は急峻で、地質は脆弱で
あり、建設工事に際して地盤工学の果たす役割が極めて大きいです。
 開会式には、エネルギー・水資源開発大臣も出席するなど、ネパール政府の期待の大き
さを感じさせられました。シンポジウムでは、本センターの岡村未対教授がカトマンズ盆
地の液状化特性を、木下尚樹講師がトンネル掘削に関する基調講演を行いました。
 愛媛大学防災情報研究センターでは、これらのプロジェクト推進に今後とも積極的に支
援していく予定です。なお、最後に開催された懇親会では岡村教授と木下講師も余興に飛
び入り参加するなどして研究者同士の友好を深めました。

その時の様子は、防災情報研究センターHPに掲載しております。

<ご報告>愛媛大学防災情報研究センター副センター長ネトラ准教授が会長を務めるネパール地盤工学会主催の国際シンポジウムが開催されました

*********************************************************************************

[2019年01月08日]

活動情報|Active log

  • リンク:メールマガジン|Mail Magazine
  • リンク:過去のメールマガジン|Mail Magazine List
  • リンク:四国防災八十八話 ダウンロード|Download
  • 四国災害アーカイブス(四国建設弘済会作成)