自然災害に対する科学技術的観点からの防災研究から行政の地域防災計画やリスクマネジメントへの協力と支援をおこなっております。

HOME > 新着情報 > 【開催案内】広島土砂災害の調査報告会を開催します(9月10日(水))

イベント情報一覧

【開催案内】広島土砂災害の調査報告会を開催します(9月10日(水))

  平成26年8月20日未明,広島市安佐北区及び安佐南区に発生した集中豪雨により甚大
 な土砂災害が発生し,不幸にも74名もの死者・行方不明者がでました。この土砂災害は
 歴史的に見ても稀有な出来事で,今後予想される気候変動による豪雨・土砂災害の貴重
 な教訓事例となります。さらに,今回の災害は、土砂災害防止法の改正を検討する上で
 も重要な意味を持っています。
  つきましては,下記の要領で広島土砂災害の調査報告会を開催します。お忙しい事と
 は存じますが,ご出席頂けますよう案内申しあげます。なお,申し訳ございませんが,
 狭い会場しか用意できなく,定員に限りがございます。定員に達し次第,締め切らせて
 頂きますことをご了承ください。よろしくお願いいたします。

                   記

 主 催: 愛媛大学防災情報研究センター,四国5大学連携防災・減災教育研究協議会
 共 催:土木学会四国支部四国地域緊急災害調査委員会,地盤工学会四国支部
 日 時:平成26年9月10日(水) 13:15~(受付12:45~)
 場 所:愛媛大学社会連携推進機構2階 研修室
 定 員:先着30名
 プログラム:
  13:15-13:30  開会挨拶   愛媛大学防災情報研究センター長   矢田部 龍一
  
   13:30-13:50  広島土砂災害の調査概要と今後の活動方針
                愛媛大学防災情報研究センター 教授  廣田 清治
  
   13:50-14:10  土石流の土量と被害-広島と愛媛の土石流災害比較-
                 日本技術士会四国支部 副支部長    須賀 幸一
  
   14:10-14:30  土石流災害と被災家屋ダメージの範囲
                香川大学工学部 准教授       野々村 敦子
  
   14:30-14:50  丹波豪雨災害と広島土砂災害の比較 
                愛媛大学大学院理工学研究科 准教授  森 伸一郎
  
    14:50-15:10 3種類の土砂災害を同列に扱うべきか?  
                  香川大学工学部 教授        長谷川 修一
  
  15:10-15:15  閉会挨拶    愛媛大学大学院理工学研究科 准教授   森 伸一郎

 参加申込み・お問合わせ:
 「広島土砂災害の調査報告会」と明記の上,所属,氏名,連絡先(TEL,e-mail)
 を添えて,下記までメール又はFAXでお申し込みください。
 愛媛大学 社会連携支援部社会連携課 社会連携拠点チーム(竹村・山内)
 Mail:kensien@stu.ehime-u.ac.jp / TEL:089-927-8974・FAX:089-927-8820
 
 (参加確認等の連絡は,いたしません。当日会場の受付にお越しください。なお,定員
 に達した場合のみ,申込者に連絡をし,参加のお断りをさせていただきます。ご了承く
 ださい。)

 ※学内の駐車場は利用できません。公共交通機関を利用してください。

[2014年09月02日]