自然災害に対する科学技術的観点からの防災研究から行政の地域防災計画やリスクマネジメントへの協力と支援をおこなっております。

HOME > 新着情報 > 【お知らせ】ネパール地震被害調査団の派遣について

【お知らせ】ネパール地震被害調査団の派遣について

         ネパール地震被害調査団の派遣について

愛媛大学防災情報研究センターは、土木学会、地盤工学会、日本地震工学協会、
国際斜面防災機構(ICL)などと連携して、ネパール地震の被害調査団を派遣します。

参加者  (教員4名、博士後期課程学生4名の計8名)
防災情報研究センター
   矢田部龍一教授、岡村未対教授、森伸一郎准教授、ネトラ・バンダリー准教授
理工学研究科アジア防災学特別コース博士後期課程学生4名(ネパールからの留学生)
         
他大学からの参加者
東京大学 羽藤英二教授、清田隆准教授ほか5名
九州大学 ヘマンタ・ハザリカ教授
新潟大学 福岡浩教授

<調査日程>
5月1日~3日 調査団メンバー現地入り
5月3日 事前打ち合わせ
(ネパール政府関係機関代表、ネパール大学・学会関係者、調査団メンバー)
5月1日~6日 現地調査(カトマンズ盆地 → カトマンズ市、パタン市、バクタプール市)
5月7日 ネパール政府関係機関代表、国会議員、元首相、元文部大臣などに対して報告会開催
5月7日~8日 帰国

<調査項目・概要>
1.建物被害調査
2.道路・橋梁、埋設物被害調査
3.地盤被害調査(液状化、地盤沈下等)
4.歴史建造物被害調査
5.斜面崩壊・地すべり、落石調査(ヘリによる上空からの視察調査)
6.災害対応実態調査 など

調査報告会(予定)
 日時 平成27年5月18日(月) 16:30~18:00
 会場 未定(愛媛大学内) 
 内容 調査の概要報告(詳細は未定)

詳細は、こちら→ネパール地震被害調査団の派遣について

[2015年04月30日]

活動情報|Active log

  • リンク:メールマガジン|Mail Magazine
  • リンク:過去のメールマガジン|Mail Magazine List
  • リンク:四国防災八十八話 ダウンロード|Download
  • 四国災害アーカイブス(四国建設弘済会作成)